建築士養成科(通信制)

建築士養成科(2年制通信過程)

通信で「建築士取得」を目指す!
2級建築士受験資格認定学科

建築業界で仕事をしていくには、資格がとても大事になります。
特に2級建築士は、住宅等の設計や現場管理には欠かせません。
建築全般の基礎をしっかり身につけ、卒業すれば2級建築士の受験資格が得られます。

新潟日建工科に在籍・卒業した先輩たちの合格率

2級建築士
2級建築士試験(平成15年〜平成28年)最終合格率 85.4% (全国合格率23.8%)
住宅の設計・監督・事務所の
開設ができます。
インテリアコーディネーター試験
インテリアコーディネーター(平成26年〜平成27年)最終合格率 61.5% (全国学生合格率8.4%)
建物の内部空間をトータル
プロデュースし提案する資格です。

建築士養成科の特長

卒業後、実務経験0年で
「2級建築士」受験が可能

一定以上の学歴や実務経験など、様々な受験資格が設定された「2級建築士」試験。
建築士養成科を卒業すると実務経験0年で受験資格を得ることができます。
建築を学んだことがない学生を対象にした、基礎からしっかり学べるカリキュラムです。
「2級建築士」の取得をめざした、効果的な学習で着実に合格に近づくことができます。

建築設計研究科への
進学も可能

建築士養成科を卒業後は、建築設計研究科に進学することもできます。
建築設計研究科は在学中の「2級建築士」取得をめざし、試験対策講座を集中的に行う1年制の学科です。
建築設計研究科は2級建築士試験で全国平均を大きく上回る85%の合格率を誇ります。
集中的なカリキュラムで合格をめざし、卒業後は即戦力として活躍することができます。

質の高いカリキュラムと
講師陣で合格をサポート

新潟日建工科専門学校ならではの、必要なことを全て網羅した総合カリキュラム。
国土交通省認定科目に重点を置いた授業で、短期間での成長をサポートします。
実習では、最新の3D・CADを使用し、実践で役立つ最新の技術を身に付けられます。講師は、建築の第一線で活躍している現役建築士。資格対策はもちろん、建築の面白さや建築士としての心構え、業界の実情など、豊富な経験に基づく様々なことを学ぶことができます。

入学してから卒業までの大きな流れ

1年次
建築のイロハから始まり、建築の基礎知識を身につける。建築製図では線の引き方から始まり、住宅・店舗等の設計まで勉強する。
2年次
1年次で学んだ基礎知識を基に、2級建築士試験に合格できるようバランス良く建築知識を学び、合格できる実力を身につける。
目標資格
  • 2級建築士
  • 1級建築士
  • 2級建築施工管理技士
  • 1級建築施工管理技士
就職先分野
  • 建築設計事務所
  • 建設会社
  • 建築リフォームメーカー
  • ハウスメーカー
  • 工務店

課程

2年以上在籍し、スクーリング8単位を含み40単位取得した者に卒業を認める。
本課程を修了すると、2級建築士受験資格を得ることができる。
※休学等承認を受けた場合を除き、在籍期間は6年を超えることはできない。

カリキュラム

学習は、自宅で行う「通信履修科目」と教室で授業を受ける「スクーリング履修科目」から構成。
2年以上在籍し、40単位すべての単位を修得すると卒業が認められる。

1年次 2年次
通信履修科目 単位 スクーリング
履修科目
単位 通信履修科目 単位 スクーリング
履修科目
単位
●建築製図 Ⅰ 2 ●建築製図 Ⅰ 2 ●建築製図 Ⅱ 3 ●建築製図 Ⅱ 1
●建築計画 Ⅰ 2 ●建築CAD Ⅰ 2 ●建築計画 Ⅱ 2 ●建築CAD Ⅱ 2
●環境工学 2     ●環境設備 2 ●材料実験 1
●構造力学 Ⅰ 2     ●構造力学 Ⅱ 2    
●一般構造 Ⅰ 2     ●一般構造 Ⅱ 2    
●建築材料 2     ●建築施工 Ⅱ 2    
●建築施工 Ⅰ 2     ●建築法規 Ⅱ 2    
●建築法規 Ⅰ 2     ●材料実験 1    
16   4 16   4
20単位 20単位
40単位

※科目にⅡとあるものは、該当科目のⅠの単位を修得していなければ履修できない。

通信履修科目

テキスト・参考書を使い自宅学習し、科目ごとに用意された課題を所定の期間内に提出し合格することと併せて、単位修得試験を受験し合格することで単位を修得。

  • 課題作成
    提出
  • 単位修得試験
    受験
  • 課題・試験
    両方に合格
  • 単位
    修得

スクーリング履修科目

4月〜3月の各月2〜4回(水曜日17:30〜20:40)実施され、単位修得には8割以上の出席と、授業中に制作した課題の提出が必要。成績は、受講態度と課題等の提出物やテストの総合評価。
授業日数は、1年次39日・2科目(120時間)実施。2年次39日・3科目(120時間)実施。計78日。
講義・演習科目は、授業時間15時間を1単位とし、実験・実習科目は、授業時間30時間を1単位とする。

  • 受 講
  • 合 格
  • 単位修得
  • 建築製図
  • 建築CAD
  • 材料実験
  • 図書室
  • オープンキャンパス
オススメコンテンツ
オフィシャルブログ
在校生からのメッセージ
OBインタビュー
就職実績
目指せる資格
よくある質問
学費サポートプラン
  • 企業の採用担当者様へ
  • 卒業生のみなさんへ

オフィシャルSNS

新潟日建工科の
最新情報を
GETしよう!
パートナーリンク
レオパレス
新潟日建工科をもっと知りたい方へ
  • 資料請求はこちら
  • オープンキャンパスの詳細はこちら